RSS配信

コラム

京都の社会保険労務士

京都で社会保険労務士をしております藤井です。

 

社会保険労務士なので、社会保険のことを・・・と思いましたが、

月一で登場しますので、その話は追々させていただこうと思います。

 

最近の京都について、私が数年前に住んでいたころは、

ちょうどリーマンショックでマンション価格は値下がりし、

一時は外国人観光客もほとんど見かけない状況でした。

 久しぶりに京都で働くことになったわけですが、

以前とは全く異なる景色に驚きました。

地価は高騰し、マンションやホテルの建設ラッシュでまさに、プチバブルです。

京都に住んでいると観光客の騒がしさに嫌気がさすこともあります。

しかし、このまま日本の人口減少が進むと労働力も外国人に頼らざるを得ない時代がくるかもしれません。

そのときに、京都の良いイメージを持って帰ってくれた観光客は、

いつしか労働力として返ってくるのではないでしょうか。

そうしたことを想定すると、保険制度も多様化し、ますます社会保険は複雑になりそうです。

かなり飛躍した話になってしまいましたが、

なんにせよ、京都に観光客が増えると京都の街が活性化して景気が良くなる

→そして、雇用が増えると労働保険や社会保険の加入者が増える

→社会保険労務士の仕事が増えるかも?

なんて世の中のことを様々な角度から観察している社会保険労務士です。